頭皮ケア

使用の際は医師の診察を受けるべき?

育毛といえば、CMでおなじみの発毛サービス企業を思い浮かべる方も多いでしょう。
ドラッグストアや、化粧品売り場の店頭で見かける育毛剤や育毛シャンプーの種類も年々増してきています。
このように、日本では育毛に関する対策が充実してきていますが、医療での育毛へと選択肢の幅が広がっているのをごぞんじでしょうか。

2005年に、フィナステリド(プロペシア)という医薬品の発売に伴って、病院での治療が可能となりました。
医師による診察は、自分の状態を正確に把握できるうえ、エビデンスのとれた処方箋を使っていくので、市販の育毛剤で効果の出なかった人、あるいは、市販の育毛剤に何らかの不安がある人や苦手な人にとっては大変信頼のおける対策になるかと思います。
アメリカでは、このフィナステリド(プロペシア)を用いた処置が一般的となっていましたが、日本でもきちんとした判断のもと正しい育毛対策が取られるようになってきたことは言うまでもありません。

育毛剤には、血圧を下げるはたらきのある成分が含まれていたり、嫌な刺激臭で気分を悪くしてしまう人がいたりと、好ましくない症状がでたりすることがあります。
こうした不安のある人には、病院での診察は最適と言えます。
薬品にも、もちろん副作用の出る可能性はありますが、そうした場合も担当の医師に相談することによって解決するので、育毛剤を使用していてトラブルになった原因が分からずに使用し続けるよりも、手っ取り早いかもしれませんね。

また、病院での処方箋は、医療における薬品を用いていますので、風邪薬のように、市販のものよりも、効きめが早いというメリットもあります。
そして、市販の育毛剤を永遠に継続して使用していくことも良いことですが、同じ費用をかけて行うならば、根本的な治療のもとに、最後まで治すという医療の方向性のほうが、安心できるかもしれません。
最近では、男性のお悩み専門の外来や、頭髪専門の皮膚科なども見られます。
医師の診察で自分に合った対処法を一緒に考えてもらえることは、モチベーション維持にもつながるかもしれませんね。
薄毛や抜け毛に悩みだす前に!!
若いうちから薄毛や抜け毛の予防はすることができます。
http://blogthereligions.com/point.htmlで紹介されている育毛シャンプーというアイテムを使うことで、頭皮を清潔に保つことができるので、まだ普通のシャンプーを使っている人は育毛シャンプーに切り替えましょう。

普通のシャンプーより育毛シャンプーがおすすの理由はこちらに載っていますのでご覧いただければわかるでしょう。

Copyright(C) 2013 髪に優しい物をしっかりと理解する All Rights Reserved.