頭皮ケア

髪のコシやハリを改善する育毛剤

若いうちは、髪のケアなどあまり興味を持っていないものですが、加齢とともに、髪の質感が変化してくるのを実感すると思います。
最初に、傷んだ髪が改善しないとか、コシやハリがなくなってきたという訴えが、美容室などでも多く聞かれるようです。
髪のハリやコシがなくなる原因としては、大きく二つの原因が考えられます。

ひとつは、髪のダメージです。
カラーリングやパーマ、そして、ワックスなどの整髪料、さらには毎日のドライヤーなどの使用がもたらしたもので、外的なダメージの蓄積によって髪が傷むことです。
そして、もう一つの原因は、毛母細胞の機能低下です。
先述したように、歳をとってくると体の機能が低下してくるのと同じで、髪質も変化してきます。

これは、成長が行われなくなってきていることを示唆しており、毛母細胞の分裂も若い時ほど行われなくなってきていることが原因です。
毛母細胞が低下すると、成長スピードも遅くなり、毛の太さや密度にも影響してきます。
そのため、髪も老化してくるというわけです。

こうしたことには、対策をするしかほかなりませんので、育毛剤を使用することをおすすめします。
ここまでは、髪質の問題でしたが、さらに量まで気になってくる人も、歳と共に増えてきます。
残念なことに、こうしたハリやコシの低下が、薄毛を示唆しているのです。

人間の髪のサイクルとして、成長期や休止期などをへて、抜けては生え変わりの繰り返しをしていますが、このとき細胞分裂をして新しい髪を育成しています。
しかし、休止期が髪のサイクルの10%を占めるのが平均的であるのに対し、細胞分裂がなされなくなることでその髪全体の割合が2〜3割に増えていきます。
そうすることで、ハリやコシが失われていくのです。

こうした状態を戻すために、ダメージとなる日常生活の習慣はやめることをはじめとして、頭皮や髪の成長にいいとされる育毛剤の使用をおすすめします。
毛母細胞を活性化させるはたらき、そして、頭皮の健康を取り戻すための成分をふんだんに含んでいる育毛剤を、継続的に使ってみましょう。平均的には、約半年の継続で、頭皮の色の違いから実感できることでしょう。
血行の流れが良くなることで、徐々にハリやコシが戻ってくることを実感できるでしょう。

最近では若い男性でも予防として育毛シャンプーを利用する人が増えているようですが、市販のシャンプーの場合、泡立ちが良く洗浄力が強すぎます。
そのため、頭皮に必要な油分までも取り除いて頭皮環境が悪化してしまいます。
その点、育毛シャンプーは市販のシャンプーに比べて刺激が少なく必要な油分はそのまま保つことができ頭皮環境も正常なままにできます。
市販のシャンプーと育毛シャンプーの違いについて詳しくはhttp://www.bigredandthesoulbenders.com/hutuuno.htmlにもかいてありますのでご覧ください。
市販のものに比べて値段はしますが、将来のことを考えたら安いはずです。

Copyright(C) 2013 髪に優しい物をしっかりと理解する All Rights Reserved.