頭皮ケア

育毛剤とはどんなもの?

育毛を目的とした育毛剤には、大きく分けて5種類に大別することができます。
そのはたらきの種類とは、男性ホルモンのはたらきを抑制するもの、頭皮の血流を改善するもの、毛母細胞を活性化するもの、不健康な頭皮状態を改善するもの、体内の発毛環境を整えるもの、の5つです。
これらのはたらきのうち一つの役割をしている育毛剤と、いくつかの働きが組み合わさった育毛剤などに、商品が分かれているのも育毛剤の特徴です。

まず、男性ホルモンの働きを抑制するものとしては、それ専門の薬品があります。
それはフィナステリド(プロペシア)といって、男性型脱毛症の治療を行っている医療機関で用いられている医薬品です。
2005年に開発され特許取得がなされてから、アメリカをはじめ多くの地域で医師が処方している薬品になり、育毛の治療として最適な方法かと思います。

しかしこれは医師の診断がベースなので、通わなければなりません。
そこで、もっとも毎日のお手入れがしやすいのは、血液の循環をただし、髪に必要な栄養を供給するお手入れになるかと思います。
育毛剤は、主にこうしたセルフケアに用いられる商品です。

主にミノキシジル(リアップ)など発毛剤としての成分が利用されており、各製薬会社や化粧品メーカーが育毛剤を開発しました。
頭皮の血液の循環が悪くなる理由としては、頭皮が凝り固まってしまうことが考えられます。
そのため、頭皮を柔らかくすることに目的に作られた商品が売れており、水分補給や栄養の浸透を高めることが期待できます。

こうしたケアで、毛母細胞の活性化も促され、育毛に適した頭皮の環境つくりがなされます。
不健康な頭皮状態を改善するものとしては、皮膚を若返らせる天然酵母をブレンドした分子成分、スカールコラーゲンやミラクルエンザイムなどが含まれているものがあります。

不健康な頭皮とは、シャンプーのしすぎやカラーリングやパーマなどのダメージを受けた髪によって、頭皮の乾燥した状態のことをいいます。
どんなに育毛剤を使っていても、刺激の強いものでは逆効果です。
こうした乾燥やダメージを補正する意味での使用が望ましく、そのためのスカルプケア専用のシャンプーや育毛剤もあるので、そうしたお手入れを取り入れて、頭皮の状態を健康に戻すことが、もっとも効果のある対策と言えるでしょう。
入浴前のブラッシングやマッサージhttp://www.redigone.com/bura.html効果を発揮するのに欠かせない成分です。

Copyright(C) 2013 髪に優しい物をしっかりと理解する All Rights Reserved.